変形性膝関節症では医師に相談しよう

信頼できる医師を探して膝の痛みがあるときには相談できるように、長期的な付き合いのできるホームドクターを見つけましょう。

 

過度の膝の使いすぎやスポーツなどによる膝の痛みは一過性のものですが、膝の痛みが老化を原因とする場合などにはどのように対応したらよいのかを指導してくれる医師の存在が不可欠になります。もちろん人間同士の付き合いになりますしウマが合う合わないといった問題もありますので、数件のクリニックを受診してみて自分に合った医師を選ぶのがよいのではないでしょうか。もちろん治療の方法や薬の出し方などについても確認してください。

 

自分が最も納得できて信頼できる医師を選ぶことができたら、医師を信頼して指導をしっかりと守るようにしましょう。また自宅からあまり遠い場合には通うのが大変ですから、いざという場合にはタクシーですぐ行ける程度のところから探すとよいでしょう。膝の痛みのためにはぜひとも信頼できる医師を見つけて相談するようにしましょう。

 

100歳まで歩ける膝をつくりましょう

100歳になっても元気で歩けるようでいたいという思いを持っている人は多いと思います。今からしっかりと100歳まで元気で歩ける足を作るようにしましょう。

 

ベットなどに仰向けに寝て片足の膝を立てて足の裏を床につけておきます。反対の足は足首を直角にして膝を伸ばします。床にかかとが着いている状態になります。ここからゆっくりと伸ばしている足を持ち上げていって膝同士がくっつく高さで一旦止めます。この時には床からおしりを少し持ち上げてください。3秒静止してからゆっくりと元の位置まで下ろします。これを両足それぞれ3回ずつ行ってください。次は立った状態で足を少し開きます。膝の間に枕や座布団を折ったものを挟んで内股に3秒間力を入れてください。これを繰り返し5回行います。さらに足を肩幅に開いて腰を軽く落とします。腿の筋肉を使ってゆっくりと腰を落として、ゆっくりと元に戻します。慣れてきたらこれをさらにゆっくりとスローに行ってみてください。往復で5回程度を目標に頑張りましょう。

 

これらの運動は大腿四頭筋や大腿筋や内転筋などのトレーニングで、膝を守るための筋肉を強化する運動になります。この3つの運動を毎日行って膝を守るための筋肉をつけて、100歳になっても元気で歩ける膝を目指しましょう。

 

ヒアルロン酸注射と変形性膝関節症

ヒアルロン酸注射を変形性膝関節症の場合に打つことがあります。痛みは確かにとても楽になります。ですが変形性膝関節症は急に悪化したわけではないのです。時間をかけて徐々に悪化した結果が現在の変形性膝関節症なのです。

 

このようになってしまったことにはそれなりに原因があるからなのです。人によってその原因は異なりますし、歩き方によるのかもしれないし、体重が重すぎるためかもしれません。あるいは何か膝に負担がかかるような無理なことをしているせいかもしれません。この原因をはっきりとさせて解決しなければいくらヒアルロン酸注射を打っても痛み止め程度の応急処置の効果しかないということになってしまいます。

 

特に加齢によって身体のバランスが悪くなると歩行についてもしらずしらずにバランスが悪くなりますので、これが変形性膝関節症を悪化させてしまう場合もあります。歩きについてのケアをしっかりすることが、どこかで悪循環を断ち切って改善を計るためには必要になってきます。歩行の安定とヒアルロン酸の相乗効果によって変形性膝関節症の改善を目指しましょう。

 

膝の痛みについては医師に相談して食事とサプリメントで改善しましょう

グルコサミンとコンドロイチンが膝の痛みに効くサプリメントとして知られています。しかしこれについては2つのサプリメントの配合の割合が重要です。グルコサミンとコンドロイチンは5:4が理想的な配合の割合だとされています。ですが一般にグルコサミンよりもコンドロイチンのほうが値段が高いためコンドロイチンは少量しか配合していない場合が多いのです。ですのでサプリメントを選ぶ際にはコンドロイチンの割合についてもしっかりと確認することでサプリメントをよりお得に利用することができるということになるわけです。

 

ただしサプリメントには合う合わないということもありますから、もしも2ヶ月続けてみても効果が感じられなかったりしたならば別の方法を考える必要があるかもしれません。

 

膝の痛みのためには食事の改善も必要です。太りすぎは膝に悪影響を与えますから太っている人はダイエットも必要です。粗食がよいという定説もありますがこれは高齢者にとっては正しいとはいえません。良質の動物性のタンパク質も高齢者には必要です。脂肪分は減らしたほうが体重を落とす目的には良いですがタンパク質はしっかりと摂取する必要があります。さらにその上で医師の診察を受けるようにしてきちんと医師に出してもらった薬を飲みながらサプリメントを摂取するようにしましょう。いい結果を出すことは自分の独断では難しいですので医師の意見を必ず聞くようにしましょう。
しかし、コンドロイチンはグルコサミンより高額のため、ずっと少ない配合の場合が多いのです。選ぶときにはこの配合割合もきちんと確かめましょう。

 

また、どんなに良いサプリであっても合う、合わないがあるので2カ月飲んで効果がなかったら他の方法を考えましょう。

 

食事を改善することも大切になります。膝の痛みには太りすぎは絶対に良くありません。そこで、太っている人はダイエットで改善も必要になります。

 

しかし粗食がいいという定説は高齢者には正しいことではなく、動物性の良質タンパク質も大切になります。体重を落とす目的のある人は脂肪分を少なくし、しっかりタンパク質を摂るようにしましょう。

 

その上で医者にもきちんとかかり、医者の出す薬をきちんと飲みながらサプリを続けることをお勧めします。自分の独断での治療では、やはりいい結果を出すことは難しく、医師との相談は欠かさないようにしましょう。

膝痛にはグルコサミンサプリ


グルコサミンサプリランキング

初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\2,117(税込) \2,722(税込) 無料

5つ星


ランキング1位

大正グルコサミン


皇潤

初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\3,900(税込) \9,000(税込) 無料

5つ星


ランキング3位

皇潤極(こうじゅんきわみ)


N-アセチルグルコサミン(暮しの匠)

初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\3,772(税抜) \3,772(税抜) 無料

5つ星


ランキング2位

N-アセチルグルコサミン(暮しの匠)


初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\2,160(税込) \2,160(税込) \3,672以上無料

5つ星


ランキング4位

やわたのグルコサミン