変形性膝関節症には早期の治療が効果的

変形性膝関節症であることが膝が痛いという場合のほとんどの原因となっています。軟骨がすり減ってしまうことにより痛みが出てしまうものですが、これについては元に戻すことができませんので完治はしないということになります。しかし早期に治療をすることによってできるだけ悪化を防ぐことが可能になりますから、もしも痛みを感じる場合は一度医師に相談することをおすすめします。

 

早期治療であれば治療といっても、具体的には自分の生活習慣を見直してさらに運動などを行っていくというものになります。特に副作用が心配な薬を服用する必要もありません。いつもの生活の中でどのぐらい膝に負担のかかることをしているのかなど自分の日常生活を把握して見直すことを行います。たとえば足を組む癖などは骨盤を開くので意外と膝に負担をかける歩き方になってしまう場合もあります。間違った方法でジョギングやウォーキングを行ったり、ちょっとした座り方が膝に負担をかけたりなど、結果的に膝にダメージを与えるような行動を知らずに行っている場合も多いのです。

 

他には体重が重すぎるという場合にはダイエットにより体重を減らす必要もあります。体重が重いとそれだけ膝に対する負担が大きくなるからです。さらに加齢によってコンドロイチンやコラーゲンなどの成分が不足している場合であればサプリメントなどによりこれらを補給することも膝痛の改善に効果があるでしょう。

 

膝痛の場合に行う検査方法について

膝の痛みを感じた場合には病院で診察を受けることが大切になります。特に膝痛の場合には早期に治療を受けることで変形性膝関節症が進行することを抑えることが可能だからです。ですが実際に病院にいった場合にどのような検査を受けることになるのか不安だという人もいるでしょう。ですので膝痛の場合に行う検査方法について説明したいと思います。

 

病院に行くとまずは問診があります。このときにいつどんな時に膝の痛みを感じるのか、最近膝を強くぶつけたりした記憶がないか、また痛みはいつ頃から感じるようになったのか、具体的にはどの部分がどのように痛いのか、などについてはっきりと伝えるようにしてください。

 

次に触診や視診があります。ベットに仰向けに寝て膝の曲げ伸ばしができるか、どの程度固まっているか、曲げ伸ばしで音がしないかなどを診ていきます。また触診で触ってみて腫れや熱があるかどうか、やや強めに押して痛みがあるかなども診ていきます。膝に水がたまっている場合などはこの触診の段階で大体わかります。

 

他にはレントゲン撮影で関節の変形や骨の隙間などについて確認します。膝の腫れがある場合には注射により関節液の検査をして成分を調べることもあります。またリウマチや関節炎などについても疑われる場合には血液検査を行うこともあります。これらが膝痛の場合に一般的に行われるおよその検査となります。

 

膝痛の治療にはこんな方法があります

いわゆる変形性膝関節症による膝痛というのが最も一般的なのですが、これらについては程度によって様々な治療法を行うことになります。早めに治療を開始することで進行を遅らせることが可能ですし、膝を大切に扱えば最悪の状態にならずに済むでしょう。それでは治療について具体的にどのようなことを行うのか見てみましょう。

 

まず軽いうちであれば生活習慣を見直すことから始めます。膝の負担をダイエットで体重を減らして軽減することもこの中に含まれます。次には生活習慣を改善すると共に運動療法を行うことになります。運動によって膝の周りの筋肉をつけることで膝を守るのです。

 

炎症が強くなるとこれに伴って痛みも強くなり生活に影響及ぼしますから、この場合には薬で炎症を押さえる薬物療法を行うこともあります。また装具やサポーターやテーピングなどによるいわゆる装具療法を行うこともあります。これ以外には状況に応じて膝を温めたり冷やしたりといった療法などを行う理学療法や、場合によっては外科手術を行うこともあります。

 

外科手術には人口膝関節置換術や高位脛骨骨切り術や関節鏡視下手術などがあるのですが、できれば手術が必要となる段階の手前で変形性膝関節症の進行を止めたいと多くの人が願っています。それでも手術が必要となる場合もあるのですが、その場合でも皆が完治して歩けるようになるとは限らないのが現実なのです。

 

膝のサポーターを選びましょう

膝用サポーターを使うことで膝の痛みを軽減させるという方法があります。膝用サポーターといっても最近では100円ショップなどでも売っているのですが、実際にはどのようなものを選んだら効果があるのでしょうか。まずサイズ選びが重要です。自分の膝の大きさにあっているものを選ぶことができて、膝がしっかりと固定できることが条件になります。このほかには冷房の効いた部屋に長時間いる場合や冬の寒い時期に使用する場合などは保温性の高いサポーターがおすすめです。膝を暖かく保つことで楽に歩いたりすることができるようになります。

 

膝のサポーターでは固定する際に、テープなどによって細かく調製ができるものもあります。他にはニット性の保温タイプもありこれらは筒状になっています。運動をしたり歩いたりといった場合にはしっかりと固定ができて膝を曲げたり伸ばしたりが楽なタイプが効果的です。また寒い時期であれば血行をよい状態に保てる保温性の高いタイプも効果的です。ですから寒い時期にはまずニットなどの保温性の高いサポーターを装着して、その上からしっかりと固定できるタイプを同時に装着するという方法もありますから、気になる人はぜひ一度試してみてください。

膝痛にはグルコサミンサプリ


グルコサミンサプリランキング

初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\2,117(税込) \2,722(税込) 無料

5つ星


ランキング1位

大正グルコサミン


皇潤

初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\3,900(税込) \9,000(税込) 無料

5つ星


ランキング3位

皇潤極(こうじゅんきわみ)


N-アセチルグルコサミン(暮しの匠)

初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\3,772(税抜) \3,772(税抜) 無料

5つ星


ランキング2位

N-アセチルグルコサミン(暮しの匠)


初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\2,160(税込) \2,160(税込) \3,672以上無料

5つ星


ランキング4位

やわたのグルコサミン