膝の痛みの改善のためには適度な運動を気長に続けよう

膝は足の動きをコントロールする拠点となっていて体重のおよそ3倍の負担がかかりますので、軟骨は加齢によってすり減りますし骨ももろくなります。また膝の関節に油切れのしょうな症状を感じることでコントロールが効きにくくなります。最終的にはコントロールの拠点である膝に痛みを感じることになるわけです。

 

歩いたり走ったり、立ったり座ったり、登ったり降りたりといった運動をする度に脛骨と大腿骨が膝でこすれ合うことになりますから、結果的に骨の先端を守る軟骨はすり減ってしまうのです。それでも適度な運動によって膝周りの筋肉を強化して膝を上手に使うことができれば膝の負担を軽減することができます。

 

膝を筋肉や靱帯でしっかりと守ることが難しい場合には膝の負担をテーピングなどで軽減することもできます。軽い運動をテーピングをしながら始めて少しずつ筋肉を強化していきます。無理をせずに簡単なストレッチなどから始めるようにしましょう。膝の痛みが少しずつ楽になってきたらさらに次の段階の運動をすることも出来るようになります。ですから毎日気長に焦らずに続けていくことが膝の痛みを改善していくためには大事なことになります。

 

膝痛の保存的な治療方法について

保存的療法、温熱療法、運動療法、装具療法などが膝の痛みの治療法としてあげられます。今回は保存的療法についてどのようなものなのか解説します。

 

保存的療法は薬物を使用して痛みを軽減するための治療をすすめる療法です。炎症を抑えたり痛みを止めたりするために消炎鎮痛剤が使用されます。一般的には主に非ステロイド性の抗炎症薬が使われますが、強い痛みがある場合などではストロイド性の抗炎症薬が使われる場合もあります。副作用が強いのがステロイドの特性ですから、使用に関しては医師の指示を受けてこれに従うことが必要です。ステロイドについては痛みが強くてどうにもならない場合に患部に直接注射して使用する場合が多いのですが、副作用の関係からあまり多くの回数は行うことができない治療法となっています。

 

このほかにヒアルロン酸を内服薬や座薬として投与する場合や、貼り付け薬や注射で使用する場合もあります。ヒアルロン酸は関節液の成分ですがこれが老化にしたがって減少することにより痛みが出てくる場合もあります。ヒアルロン酸を直接注射で患部に投与することで油を機械に注すのと同じような効果を得ることができます。ただしこのヒアルロン酸の注射については軟骨の状態が悪化してしまうと効果を得ることが難しくなります。このような治療が保存的治療として行われる主なものです。

 

水が膝に溜まってしまうことについて

水が膝に溜まってしまうという話を聞いたことがあるのではないでしょうか。これは膝関節に水がたまって炎症を起こす関節水腫という病気です。このときに膝に溜まる水は関節液といいます。この関節液がたまると階段の上り下りなどで激しい痛みを伴うことになります。

 

この関節水腫では膝の形がわからないほど表面がむくんで丸くなります。これをそのままにしておくと関節の中の圧力が高くなるために膝の曲げ伸ばしに支障をきたすようになります。関節内にはもともと関節をスムーズに動かすために関節液が少し存在しています。この関節液には栄養を関節の軟骨に与えるという働きもあります。関節の中にある髄膜というところで関節液は作られますが、古い関節液を吸収する働きも髄膜にはあってこれによって一定の量に関節液を保っているのです。

 

髄膜に炎症を起こすと関節液を髄膜が生成することと吸収するのことのバランスが正常に働かなくなるために、関節液の量が増えて水が膝に溜まるという症状になります。髄膜の炎症は軟骨のカスが関節包を刺激して起こるとされていますが、軟骨が加齢によってもろくなったり痛風やリウマチによる場合もあるといわれています。

 

サプリメントの膝痛への効果について

加齢を原因とした膝の痛みに対するサプリメントといえばグルコサミンとコンドロイチンとヒアルロン酸の3つが主なものになります。これらについてはもちろん消炎作用を期待したものではなく、体内で減少したコンドロイチンやヒアルロン酸などをサプリメントで摂取することで補給するというものです。ですがこれらについては医師の大半が飲んでも効果がないと断言しています。これらについては科学的な根拠は認められず、実際に研究結果によっても宣伝されているような効果は認められないとのことです。

 

またこれらのサプリメントを摂取することで膝の痛みが楽になったという人の意見については「気のせい」であるとしています。患部に注射をする場合には効果があるが、サプリメントを摂取しても効果は得られないし無意味だとしています。

 

ですがこれらについては膝の痛みが「まるで嘘」のように解消したという人も多いのです。この意見については「効果があったというのは単に気のせいです。業者の商法ですから騙されないようにしてください」と医師は言います。これに関してはやはり自分で試して体験してみるしかありません。医師の意見を聞いてしまうと簡単におすすめすることはできないのですが、今後も使ってみたいという人は自分で試して考えてみてください。

膝痛にはグルコサミンサプリ


グルコサミンサプリランキング

初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\2,117(税込) \2,722(税込) 無料

5つ星


ランキング1位

大正グルコサミン


皇潤

初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\3,900(税込) \9,000(税込) 無料

5つ星


ランキング3位

皇潤極(こうじゅんきわみ)


N-アセチルグルコサミン(暮しの匠)

初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\3,772(税抜) \3,772(税抜) 無料

5つ星


ランキング2位

N-アセチルグルコサミン(暮しの匠)


初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\2,160(税込) \2,160(税込) \3,672以上無料

5つ星


ランキング4位

やわたのグルコサミン