変形性膝関節症について知ろう

骨と骨との間でジョイントの役目をしているところが関節でこの部分の痛みが関節痛です。関節の骨と骨とのすり合わせの部分が直接ぶつからないようにクッション的な役割をしているのが関節軟骨ということになります。関節を包んで滑液を分泌してくれるところが関節包で機械に例えれば脂を差す役割を果たすことになります。他には靱帯や筋肉や神経や血管などによって関節は作られているのです。

 

関節の軟骨部分は直接痛みを感じることはないのですが、この周りの部分には神経が多くありそれらが敏感に反応することで私たちは痛みを感じるのです。ちょっとの変化によって敏感に感じるため私たちは痛みで苦しむことになります。そのほかにも加齢が原因で筋肉が衰えたり。軟骨が減ってきたり、滑液分泌が少なくなったりということについても神経は敏感に感じるために、首や肩や膝などの痛みとして現れることになるのです。

 

これら以外にも関節痛には様々な原因が考えられます。滑膜の炎症によって滑液の分泌が少なくなることが原因の場合もありますし、靱帯が伸びてしまったことが原因の場合もあります。加齢などにより膝だけでなく腰や肩や首や腕などの痛みが発生する場合もあるかもしれません。

 

自転車で膝痛が起った場合には

膝痛は自転車に乗っていることが原因で起こることもあります。多くの場合ではこの時の膝の痛みは靱帯炎(膝蓋靱帯炎・腸脛靱帯炎)が原因と言われます。ですから自転車に乗ることで靱帯炎になったということになります。自転車に乗る際にこの靱帯炎症を予防するためには、ストレッチなどで膝の周辺を柔らかくするのがよいでしょう。さらに膝周辺の筋肉を強化することも必要となります。グルコサミンやコンドロイチンは膝の痛みに効果的とされていますが、自転車での靱帯炎は加齢とは無関係ですのでこの場合にはあまり効果を期待することはできません。

 

もしも自転車に乗っている最中に痛みを感じた場合には、すぐに自転車に乗ることをやめるようにしてください。できるだけ早く15分以上冷却材などで冷やすようにしてください。くれぐれも痛みを感じるところは温めないようにしてください。入浴の際もできれば痛みを感じるところはお湯につけないようにしましょう。シップ薬などにはインドメタシンなどの配合成分による鎮痛効果があるだけですので治療の効果はありません。鎮痛効果のあるシップ薬については1時間以上はつけないことが原則となります。痛みが翌日になっても減らない場合にはできるだけ足を休ませることが後々の治りを良くするためには重要です。自転車で膝痛が起こった場合にはこれらを参考としてください。

 

膝の酷使は膝の痛みのもとです

普段から膝を酷使している人ほどやはり早い時期から痛みが出ることが多いようです。立ったり座ったり、立ち上がったり飛び上がったり、階段を上ったり下りたりなど、それぞれ一つ一つの動作をするごとに膝の関節には負担がかかります。このため膝の関節のクッションとして働いている軟骨はどんどんすり減ってしまうことになります。

 

膝の痛みは膝を酷使するほど強くなります。膝の痛みを軽減することを目的としてダイエットで体重を落とすこともありますが、そのための運動の一つとしてウォーキングをする場合もあります。ですが比較的軽度の運動とされるウォーキングでも膝には体重の3倍程度の負担がかかるといわれています。ですから本当に膝の痛みがひどい場合にはできるだけ膝の負担が少ないプール内で歩くようなウォーキングが行われることになります。

 

膝のためにはジャンプやダッシュなどの運動を繰り返すだけでも良くないとされています。急に足を踏ん張ったり止まったりするのも痛みの原因となります。仕事で立ちっぱなしの人も膝の軟骨のすり減りが多くなりますし、しゃがんだり正座をしたりといった姿勢をとることの多い人も注意が必要です。サポーターやテープなどを使って負担を軽くすることでこれらの仕事の人の場合でも軟骨のすり減りを減らすことができます。軟骨のすり減りによる痛みは膝の負担を軽減することで減らすことができるのです。

 

膝の痛みと体重の怖い関係について

膝の痛みの原因は様々ですからその痛み方についても様々となりますが、それでもやはり最も多い膝の痛みの原因の一つとして体重が重すぎるということがあげられます。原因の一つとしているのは実際には体重が重すぎることに加えてさらに加齢が重なることによって痛みを発症する場合もありますから、原因についてはこれだけと断定することができないからなのです。

 

特別激しいスポーツをすることがなく普通の生活をしているだけでも膝には負担がかかりますので痛みを発症することもあります。体の重さがそのまま負担になるというわけではなく、たとえば歩く場合には膝には体重の3倍の負担がかかるとされています。階段を下りる場合には7倍、走る場合には10倍の負担がかかるということになります。たとえば走る時には体重50kgの人ならば500kgの負担がかかるということになります。この負担だけでも膝にはつらいということになります。

 

さらに加齢に伴って関節のクッションである軟骨がすり減ってしまう場合もあります。太っている人の場合には軟骨のすり減る量も多くなりますから、体重による膝の痛みが早めに発症する可能性が大きくなります。体重が1kg増えれば歩くだけでも膝への負担が3kg増えることになりますので、減量することの重要性や必要性がわかっていただけると思います。

膝痛にはグルコサミンサプリ


グルコサミンサプリランキング

初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\2,117(税込) \2,722(税込) 無料

5つ星


ランキング1位

大正グルコサミン


皇潤

初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\3,900(税込) \9,000(税込) 無料

5つ星


ランキング3位

皇潤極(こうじゅんきわみ)


N-アセチルグルコサミン(暮しの匠)

初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\3,772(税抜) \3,772(税抜) 無料

5つ星


ランキング2位

N-アセチルグルコサミン(暮しの匠)


初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\2,160(税込) \2,160(税込) \3,672以上無料

5つ星


ランキング4位

やわたのグルコサミン