変形性膝関節症に関するあれこれ

膝の痛みや違和感は加齢が原因で起こるようになりますが、変形性膝関節症がこれらの症状には大きく関連しているとされています。膝の関節にある軟骨のすり減りが原因で炎症が起こることによって痛みを感じるのが変形性膝関節症です。この変形性膝関節症は女性の方に発症が多いもので50代からその発症数が増えてきます。60代の40%、70代の70%の女性で発症しているといわれます。

 

痛みの症状が出るために歩行が困難となり、それにより筋力が衰えてしまうことになります。またこの筋力の衰えが膝に対して負担をかけることになるために、さらにますます炎症が強くなるという悪循環にもつながります。変形性膝関節症の主な症状は痛みや腫れや動きづらさということになります。

 

早めの治療をすることがこれらに対しては有効です。早めの治療によって進行を遅らせることもできますし、歩行不能にならない程度には歩くこともできるでしょう。他には加齢などに伴って若い頃の運動のやりすぎが原因の痛みが出る場合もあります。水がたまって痛みがひどくなる場合には水を抜く治療をきちんと受ける必要があります。加齢によって軟骨が減りますからこれにより様々な症状が出てくるということになりますが、それらについてもできるだけ早めに治療を受けるのが良いでしょう。

 

膝痛の運動は前向きに少しずつ行いましょう

運動については膝が痛い時には考えられないでしょう。変形性関節症の場合には特に激痛を伴うこともありますから動くことですら困難な場合もあります。しかしだからといってずっと動かさないでいるとますます動けないという悪循環になってしまうのです。膝の痛みを少しでも改善するためには、膝関節周辺の筋肉を鍛えることが最も効果的です。ですからそのためには運動をすることが最適なのです。運動といってもそれほど激しい運動は必要ありません。普通に歩く程度の軽い運動で十分です。逆に飛んだり跳ねたりといった激しい運動は控えるようにしてください。筋肉作りの体制を膝痛サプリなどを利用して整えるのもよいでしょう。

 

運動の効果については膝の痛みがどれだけ楽になったのかが気になるという人が多いのですが、どちらかというとどれだけ運動を楽に行えるようになったかについてを気にするのがいいでしょう。たとえば歩く運動をしている場合であれば、歩くことでどれだけ膝が楽になったのかについてはあまり気にせず、以前と比べてどのぐらい長い距離を歩けるようになったのかを考えることをおすすめします。これはなぜなのかというと、できるだけ前向きな気持ちで取り組むことがより効果的だからです。逆に言えばそれだけ膝の痛みの悩みというのは深刻で苦しいということでもあります。少しずつでも進歩を感じることで膝痛に取り組みやすくなりますから、前向きな気持ちで頑張りましょう。

 

膝の痛みは雨と気圧に関係しています

膝痛を持っている人にとっては梅雨の時期や雨の降っている時期は憂鬱です。昔から天気の悪い日は古傷がうずいたり膝の痛みを感じたりするなどといわれています。薬品会社の調査によると膝に限らず関節の痛みについては梅雨の時期や雨の時期に増えるとされています。雨と関節の痛みにははたしてどのような関係があるのでしょうか。

 

実はこれらについては低気圧が関係しているのです。医学的には移動性の高気圧が通過すると喘息の症状がひどくなり、低気圧が近づくことで関節痛が悪化するといわれています。このように高気圧や低気圧などの気圧の影響を受ける病気全般を「天候病」などと呼んでいます。気圧が低下した場合には身体はこれに備えようと、身体を変化させることで対応させようとするのです。そのために血圧や心拍数が上昇するのです。この状態を身体は交感神経優位と考えて交感神経の活動が活発になります。これにより血管の収縮が起こるために冷受容器や痛覚受容器の反応が強くなって痛みを感じる原因となるのです。

 

ただし気圧が下がる場合でもたとえば雨が長期間続く場合などでは気圧も一定の値を保つようになりますから、これに伴って血圧や心拍数は落ち着いてくるようになります。血圧や心拍数が平常化すれば痛みについても落ち着くことになります。このような交感神経の一連の活動により「天候病」が発生していたわけです。

 

原因の思い当たる膝痛の対処法について

膝の痛みが発生した場合にはどのように対処をすればよいのでしょうか。すぐに病院へ行くべきなのか、あるいはそのままにして様子を見たほうがいいのか、それとも安静にしたほうがいいのか、冷やしたほうがいいのか温めたほうがいいのかなど、色々と考えてしまうでしょう。ですので膝の痛みを感じた場合に病院を受診したほうがよいかどうかの目安についてあらかじめ知っておくといざというとき役に立ちます。

 

たとえば最近スポーツや山歩きをしたなど自分で膝が痛い原因について心当たりがある場合やそれほど症状が重くなさそうな場合には、とりあえず膝に負担をかけないようにしてしばらく様子を見るようにしてみましょう。このような場合には膝を使いすぎたという場合が多く、関節周りの筋肉や腱の一時的な損傷による膝痛の可能性もあります。このような場合には膝を動かし始める時に痛みが強いことが多いですから、休ませることで痛みがひくかどうかを観察してみて、もしも痛みが強まるようであれば病院で診察を受けるようにしてください。とりあえずは3日程度様子を見てそれからどうするか考えればよいでしょう。ただし思い当たる原因がある場合でも、痛みが強い場合はすぐに病院へ行って診察を受けるようにしてください。

膝痛にはグルコサミンサプリ


グルコサミンサプリランキング

初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\2,117(税込) \2,722(税込) 無料

5つ星


ランキング1位

大正グルコサミン


皇潤

初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\3,900(税込) \9,000(税込) 無料

5つ星


ランキング3位

皇潤極(こうじゅんきわみ)


N-アセチルグルコサミン(暮しの匠)

初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\3,772(税抜) \3,772(税抜) 無料

5つ星


ランキング2位

N-アセチルグルコサミン(暮しの匠)


初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\2,160(税込) \2,160(税込) \3,672以上無料

5つ星


ランキング4位

やわたのグルコサミン